岡山で心理カウンセリングならメンタルケアサロン心の翼 岡山店へ!


 
ホーム カウンセリング料金 お話相手サービス よくある質問
心の翼岡山店 ご利用の流れ 店舗情報・プロフィール ご予約 お問い合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

  ADHD のお子様の保護者のメンタルケアについて

注意欠如多動性障害【ADHD】

ADHDとは多動性・衝動性しょうどうせいと注意力の障害を特徴とする行動の障害です。



ADHD のお子様を持つ親御さんの苦しみと言えばそれを経験した事のない方には決して理解できないものでしょう。

ADHD の特徴として多動、注意欠陥がありますが例えばお子様が何か良くない行動を起こした時、親なら当然叱りますよね?

その、叱った時でさえ叱っている親の方を見ずに反対を向いて話を聞くような子供がADHD のお子様なのです。

普通ならば親が真剣に叱ったり話たりしているのですから、せめて親の顔を見て話ぐらい聞きますよね?

しかしADHD のお子様にとってみればそんな事どうでも良いのです。

それより、自分の興味のある事、したい事が全てなのでそのような面倒くさい話は聞きたくないのでそんな態度になります。

他にも、これは絶対にしないでねと約束した事でもまたその事をやってしまい酷く叱られる。

しかも、それが1度ではなく2度、3度続く‥‥

本人曰く「忘れていた」と言う。

親はそれが理解できずに厳しく叱りつけ時には我慢の限界を超え体罰を引き起こしてしまう。

ADHD のお子様を持つ親御さんの中には精神的に参ってしまい
「この子が生まれてこなければ良かった」

自分の子供なのに
「全く可愛くない、 情が注げない、時にはこの子が死ねば楽になるのにと思う」

等、逆に親御さんが精神的に参ってしまい
「子供が言う事を聞かないから暴力を振るう、子供は怯えてそれがトラウマになる、親は暴力を振るった事を後悔する」

というような悪循環サイクルに陥っているケースが多く見受けられます。



先日、以前カウンセリングを受けられたADHD の小学生男子の親御さんが久しぶりに来店され、その後の経過をお聞きした際に興味深い話をお話下さいました。

その子は一人っ子なのですがADHDの症状の為か日常生活に於いて親への依存度が極めて高かった事もありどうにかして自立させられないかと悩んでいた時、 偶然「山村留学」のホームページにたどり着き、ある程度の賭けを承知で1年間留学させたと言う体験を話して頂きました。

山村留学を簡単に説明すると、現在通っている学校から山村部の自然豊かな学校に転校し全寮制の寮や地域の里親の元で生活 し自然体験を通じて集団生活や規則正しい生活を送る事で自主性や社会性を身に付けさせると言うものである。

親御さん曰く、一年間留学させた事によってADHD特有の衝動性や多動性等がずいぶん緩和されたとの事でした。

そのお子さんは小学6年生の一年間、留学されたので現在、中学校に入学しておられるようですが、小学校の時にしばしば起こしていた 問題行動が無くなり中学校では非常に落ち着いて学校生活を送っていると担任教師から言われたそうでとても安心していらっしゃいました。

ADHDのお子様にとって山村留学は場合によっては改善効果の高い方法なのかも知れません。

当サロンでは山村留学時の生活の様子や行く前と帰ってからの変化等、詳細を聞いておりますので興味のある方には具体的にお話する事が可能です。

当サロンでは過去にADHD の子供と接し、その苦しみを克服したスタッフが在籍しております。

当サロンでADHD のお子様の養育ストレスや悩みを緩和してみませんか?

ご予約お待ちしております。

内閣府特別機関 日本学術会議協力学術研究団体
メンタルケア学術学会認定
★メンタルケアカウンセラー

心の翼 岡山店 店長
心理カウンセラー
今泉 勝 (Imaizumi Masaru)

通称(まっさる)
 

  アクセスマップ  ・Access Map・




岡電バス岡南営業所より西へ徒歩5分 JOYFIT奥田店南側


Copyright © 2008 メンタルケアサロン心の翼 岡山店 All rights reserved.
by メンタルケアサロン心の翼 岡山店